付属品・カスタマイズ編

ロードバイク

ロードバイクのオーバーホールしてますか?気になる作業内容やお値段はこんな感じ。

ロードバイクのオーバーホール、してますか?変速が決まりにくくなった。汗の垂れるヘッドパーツ周辺に錆がでてきた。愛車に末永く乗るために、定期的なオーバーホールは欠かせません。ロードバイクのオーバーホール、作業内容やお値段はこんな感じです。
ロードバイク

サイコンのスピードセンサー用のスポークにつけるマグネット。壊れたので自作してみました。

ロードバイクのスピードセンサー用のスポークにつけるマグネット。ネオジム磁石を取り寄せて自作してみました。市販品よりも小さく&軽くできて、ルックスも改善。500円玉1枚、5分でできる超お手軽な「軽量化&ドレスアップ」??。ぜひお試しあれ!
トレーニング編

ロードバイクの心拍計に、GARMIN(ガーミン)の 「venu sq」 を買ってみた

マジでロードバイクに乗るなら、疲労回復のタイミングを教えてくれる安静時心拍数の管理は非常に大事。私はロードバイクの心拍計にGARMIN(ガーミン) の 「venu sq」 をチョイスしました。
ロードバイク

ロードバイク初心者のShimanoのクリートは、黄色より「青色」が絶対におすすめ。

ロードバイクを始めると必ずぶち当たるのが「立ちごけ」。私もシマノのSPD-SLペダルを使っていて、当然ながら立ちごけも経験済み。ただ初心者の頃に戻れるなら、クリートは「黄色」ではなく「青色」をチョイスした方が良かったかもというお話です。
ロードバイク

体重70キロ以上の貧脚に告ぐ!フロントチェーンリングは、52-34Tの禁断の組み合わせがおすすめ!

体重が70キロ以上あるとヒルクライムがツライ。逆に下り坂ではスピードにぐんぐん乗っちゃう。ヒルクライム重視で最高速を犠牲にして、50-34Tのコンパクトクランクをチョイスするのが一般的だけど、禁断の52-34Tって組み合わせはどうだろう。
ロードバイク

ロードバイクのタイヤをピレリの「P Zero Velo」に交換しましたが、コレ、いいかもしれない・・・

ロードバイクのタイヤは、パナレーサーの「RACE L EVO3」が好きでずっとコレを履いていたんですけど、残念なことに廃盤に。そこで評判がいいピレリの「P Zero Velo」に履き替えてみました。このタイヤ、かなり総合力高めです。
ロードバイク

楕円リングはペダリング下手に最適!楕円リングをつけてるだけで、ペダリングが上手くなるかもしれません・・・

気になっていた楕円リングをついに装着!力を入れるところで重くなって、抜くべきところは軽くなる。これってペダリング改善に効果的なんじゃなかろうか。ペダリング下手のみなさん!楕円リングでキレイなペダリングを身につけよう!
ロードバイク

バーテープをリザードスキンズの厚さ3.2mmのバーテープに交換したら、首肩への衝撃が減ってビックリ!

ロードバイクのバーテープ。白黒の迷彩柄が気に入って、たまたま交換した「リザードスキンズのDSP3.2㎜」がちょっと驚くくらい、振動を吸収してくれます。少しお高いですが、ロングライドで首や肩に痛みが出る人にはおすすめできるバーテープだと思います。
ロードバイク

富士ヒルに備えて、軽量タイヤに交換。片輪35gの軽量化でヤビツ峠はどのくらい速く走れるのか??

富士ヒルに向け、リアのスプロケ30T化だけでは飽き足らず、今度はタイヤの軽量化を図りました。チョイスしたのはパナレーサーの旧モデル「RACE L EVO3」。コンチネンタルGP4000SⅡより、片輪35gの軽量化でヤビツはどのぐらい速く走れるのか?実測です。
ロードバイク

スプロケを28Tから30Tに変えたら、ヤビツ峠が1分速く走れちゃった。

ヤビツ峠の劇坂区間「蓑毛」が、リア28Tだとどうしてもキツイ今日この頃。デカいスプロケに抵抗感のあった私が、ショップ店長の「フルームだって、リア32Tとか使ってますよ」の言葉に、ついに禁断の30Tを導入!ヤビツ峠で果たして効果はあったのか?!
スポンサーリンク