ロードバイク

トレーニング編

ロードバイクに体幹トレーニングって必要?ヒルクライムレースには不要なのかも。。。

ロードバイクで速く走るために、ローラー練や峠詣でに飽き足らず、ついつい「体幹」トレーニングにまで手を伸ばしている人って多いのでは?地味に辛い体幹トレーニング、本当に必要なのか、考えてみましたが、ヒルクライムレースには不要なのかもしれません。
ロードバイク

富士ヒルに向けて5キロのダイエットを敢行!その減量法を教えちゃいます。

富士ヒルに向けて、4ケ月で5キロの減量に成功。ひと月に1キロくらい。長期間に渡って健康的に痩せたので、筋肉を落とさず、パワーも維持したまま。50歳を超えても前年のタイムを4分ほど更新。今日はそんな私の、「減量法」を紹介したいと思います。
レース編

富士ヒル2019は極寒。目標の1時間25分切りならず(T_T)

昨年の1時間29分台でのギリギリのブロンズ獲得から、今年は1時間25分切りを狙って参戦した「富士ヒルクライム2019」。今年の大会は、身の危険を感じる、ヤバい大会になりました。それでは、さっそく振り返ってみたいと思います。
ロードバイク

富士ヒルへの秘密兵器 鼻の穴を広げる「ブリーズライト」で手軽にタイムアップ?

富士ヒルへ向け、自身のトレーニングもそっちのけ(?)で、「少ないお金」で、「努力せずに」タイム短縮を目論む今日この頃。 みなさんも一度は耳にしたことがある鼻の穴を広げて呼吸を楽にする「ブリーズライト」なる商品。まずはハルヒルで試してきました。
ロードバイク

富士ヒルに備えて、軽量タイヤに交換。片輪35gの軽量化でヤビツ峠はどのくらい速く走れるのか??

富士ヒルに向け、リアのスプロケ30T化だけでは飽き足らず、今度はタイヤの軽量化を図りました。チョイスしたのはパナレーサーの旧モデル「RACE L EVO3」。コンチネンタルGP4000SⅡより、片輪35gの軽量化でヤビツはどのぐらい速く走れるのか?実測です。
レース編

ハルヒル2019参戦記。下山が楽しいヒルクライムレースってなんだ??

ハルヒルこと榛名山ヒルクライムレースに参戦してきました。絶好のレース日和となったハルヒル2019ですが、またもやコース後半の榛名神社からの劇坂に撃沈?記録的には微妙な結果でしたが、アットホームな大会で、走っていてとても気持ちのいい大会でした。
ロードバイク

本郷台の駅前でタイ料理を食す。「トムヤムくん」というベタな店名ながら、味・コスパよし。

ロードバイクで走っていて見つけた京浜東北線の本郷台駅前のタイ料理屋さん「トムヤムくん」。ベタな店名にかかわらず、味・量・コスパともかなり良かったので紹介しちゃいます。少しマイナーな場所ですが、鎌倉方面へのライドの途中に立ち寄ってみてはいかがでしょう。
トレーニング編

TSB(トレーニング・ストレス・バランス)で戦闘力アップを実現する!?

TSB(トレーニング・ストレス・バランス)って言葉、聞いたことあります?年をとるとやみくもにトレーニングしてもパフォーマンスは向上しませんよね。ちゃんと疲労を回復しつつ、体調を崩さないギリギリのところで頑張るための魔法のツール。それがTSBなんです。
ロードバイク

スプロケを28Tから30Tに変えたら、ヤビツ峠が1分速く走れちゃった。

ヤビツ峠の劇坂区間「蓑毛」が、リア28Tだとどうしてもキツイ今日この頃。デカいスプロケに抵抗感のあった私が、ショップ店長の「フルームだって、リア32Tとか使ってますよ」の言葉に、ついに禁断の30Tを導入!ヤビツ峠で果たして効果はあったのか?!
ウエア編

「TwinSix」のサイクルジャージがオシャレだったので、もう一つ買っちゃった。

「wiggle」で気になっていた「TwinSix」の白いジャージを買ったんですけど、思いのほかオシャレ。そこで、勢いにまかせてもう一着「TwinSix」の半袖ジャージを買っちゃいました。ロードバイクのウエアにはあまりないオシャレなデザインで、超おすすめです。
スポンサーリンク