ロードバイクの冬の着こなし。靴下はタイツの上?それとも下?

ウエア編
タイツを履いた時って、靴下はタイツの上に出すの?それともインするの?

こんにちは、ロタケです。

今日はロードバイクのウエアの着こなしの話をひとつ。

「冬場にビブタイツを履いた時って、靴下はタイツの上?それとも下?」という、どうでもいいお話。

絵心ゼロ・・・(;’∀’)

というのもつい先日、チームメンバーと箱根ライドに行ったんですけど、私以外はタイツの上に、靴下をかぶせるコーデだったんですよね。
しかも皆さん速い人ばかり。

一番遅い私だけが、靴下をタイツの中にIN。

だれにも言いませんでしたけど、内心、

私

俺の着こなしは間違っているのかしら・・・?

って、一日中不安にさいなまれていたんですよね(-_-;)

本当にどうでもいい話なんですけど、ふと気になったので他のチャリダーを観察&調べてみました。

スポンサーリンク

他のスポーツでの靴下・タイツ事情

靴下は、タイツの上か?下か?
ちなみに他のスポーツではどうなっているかを調べてみました。

登山の場合

タイツを履くスポーツで真っ先に思い浮かぶのが「山登り」。
最近はカラフルなウエアが色々とでていて、オシャレな山ガールが多いイメージがありますよね。

その山登りですが、着こなしとすれば「タイツの上に靴下」が基本です。

登山靴自体がくるぶしまであって、さらに足を保護するために厚い靴下なので、「タイツの上に靴下」を合わせるのが自然なんだと思います。

ランニングの場合

あとタイツを履くスポーツというと「ランニング」ですよね。

膝や筋肉をサポートする目的で広まったランニング用のタイツですが、当初は黒色しかありませんでしたが、最近はとてもカラフルでオシャレなものが多いです。

ランニングでは、「タイツに短い靴下を合わせて、くるぶし付近の肌は外にでている」といった着こなしをする人が多いようです。

普段着の女性の場合

スポーツとはまったく関係ないんですけど、普段着の女の人のコーディネートも調べてみました。

どうやら、タイツの上に靴下を履くケースもなくはないんですけど、どちらかと言うと少数派。

足長に見せるなら足首付近で色を変えるのはNG。タイツ・靴下・靴を同系色で統一することで足長効果がUPするんだとか。

ロードバイクのタイツ・靴下事情

チームの箱根ライドで、「速い人は、タイツの上に靴下をかぶせて履くんだ!」と衝撃を受けてから、こっそりと他のチャリダーの靴下事情を観察していました。

色々なチャリダーの靴下事情を観察してみると、どうも決まりはないみたい。

私のざっくり調査ですけど、だいたい次のような割合かな。

靴下はタイツの上:靴下はタイツの下 = 8 : 2

靴下をタイツの上に履くチャリダーが圧倒的に多いという結果になりました。

こんな感じに派手めな靴下をタイツの上にかぶせて履いている人が多いです。

おそらく理由としては、夏場のチャリダーって長い靴下を履く人が多いですよね。
その名残りで、冬場にタイツを履いても、靴下をタイツの上になるように履いてしまうんじゃないだろうか。。。

そんな風に勝手に結論づけてしまったんですけど、本当のところは、どうなんでしょうね??

靴下をタイツの中に入れちゃう人は少数派か。

私的には、靴下はタイツの下かな。。。

「タイツの上に靴下」か「タイツの下に靴下」かって、夏場のロードバイクで「長い靴下」がいいか、「短い靴下」が好みかってところに、結局のところ行きつくのかも。

私的には、夏場でも「短い靴下」が好みなんですよね。
だって、長い靴下って、足が長くて細くないと似合わないし、なんだか真面目なサラリーマンっぽい感じがするんですよね。

なので、チームの速い人たちが「タイツの上に靴下」だろうと、たとえ少数派だろうと、今後も「タイツの下に靴下」で行こうと、心に決めた52歳冬でした。
(そんな大げさな話でもないんですけど。。。(-_-;))

靴下をタイツの上にかぶせるよりも、

靴下をタイツの中にINする方が私的には好きかもしれない。。

まとめ

今回は「冬場にビブタイツを履いた時って、靴下はタイツの上?それとも下?」という、どうでもいいお話でした。

まったくもって個人の自由なんで、好きに履いてもらえればいいと思うんですけど、
私は足長効果を期待して「靴下はタイツの下」で行こうという結論になりました。

まあ、結局は速い人はどんな着こなしでもカッコいいいんですけどね。。。

コメント