モンベルのロードバイク用のサイクルアンダーシャツ「ジオラインM.W」が冬のライドにちょうどイイ。

ウエア編
モンベルのサイクルアンダーシャツ「ジオラインM.W」。冬場のチャリダーの必須アイテムになりそうな予感・・・

こんにちは、ロタケです。

冬場のライドでアンダーシャツって重要ですよね。
寒すぎるとダメなんだけど、強度が高くなった時に汗だくになるようじゃ、もっとダメ。

私、夏は登山をやっているので、モンベルの商品っていろいろ持っているんですけど、そんなモンベルがサイクリスト向けのアンダーシャツを出しているんですよね。

今回私が購入したのが、サイクルアンダーシャツ「ジオラインM.W」という商品。

登山業界では「モノが良いのに値段が安い!」と評判のモンベル。
そのモンベルが提供するこのサイクルアンダーシャツ「ジオラインM.W」、冬場のチャリダーの必須アイテムになりそうな、そんな予感がするぐらい使えるアンダーシャツでした。

スポンサーリンク

モンベルの特殊素材「ジオライン」

冬場に使うアンダーシャツに必要なのは「保温力」と「速乾性」ですが、モンベルの高機能素材「ジオライン」はその両方で高い能力を発揮してくれるんです。(詳しくはこちら

特に冬場に気にしたいのは「保温力」よりも「速乾性」

ロードバイクは強度の上がるシチュエーションって多いです。
汗をかいて、衣服が濡れて、それが冷えるのが一番怖い。

メリノウールみたいに保温力と速乾性を兼ね備えた素材って色々あるんですけど、この「ジオライン」は特に速乾性が高いのが、私の気に入っている理由です。

モンベルのサイクルアンダーシャツの特徴

「保温力」と「速乾性」に優れた高機能素材「ジオライン」で作られたこのサイクルアンダーシャツ、作りも凝ってます

風の当たる「前面」は厚手、蒸れを逃がしたい「背面」は薄手

「これって画期的!」って思ったのが、風の当たる「前面」と、蒸れを逃がしたい「背面」で素材の厚さを変えているところ。

「前面」の生地は厚め、「背面」は薄めに作らているんです。

たしかにロードバイクに乗っていて寒いのって、腕だったり、おなかだったり、カラダの前面なんですよね。

前は温めて、後ろから熱を逃がす。
単純なんですけど、よくできてます。

サイクルアンダーシャツ

前面は厚手の生地で、ワキは薄手に。

サイクルアンダーシャツ背面

背面は風の当たりやすい肩以外は薄手。蒸れを逃がします。

前傾姿勢に対応して背中の生地が長く作られています

私、今まで登山用のアンダーシャツを着ていたんですけど、どうしても前傾姿勢をとると背中側の生地が足りなくなってたんですよね。

このサイクルアンダーシャツ、チャリダー用だけあって背中の生地が長く作られています
思い切って前傾姿勢をとっても、腰が出ることはありません。

サイクルアンダーウエア

色々と工夫されていているんです。

3種類のサイクルアンダーシャツ

このサイクルアンダーシャツ、素材の厚さや種類をかえて、3種類のラインナップが用意されています。
気温やライドの強度に合わせてチョイスできるのもありがたいです。

気温前面背面商品名価格(税抜き)
うっすら
寒い時
薄手超薄手ジオラインL.W.
サイクルアンダーシャツ
\3,300
寒い時厚手薄手ジオラインM.W.
サイクルアンダーシャツ
\4,000
極寒防風厚手薄手ウインドテクト
サイクルアンダーシャツ
\5,800
秋冬のロングライドを支える、サイクルアンダーシャツシリーズ(モンベル)
アンダーウエア選びで、秋冬のロングライドを快適に走ろう!

実際にサイクルアンダーシャツ「ジオラインM.W」着てみた感想

私が購入したのは、寒い時用のサイクルアンダーシャツ「ジオラインM.W」
前面が厚手、背面が薄手の、3種類の中では中間の寒さに対応したもの。

実際に着用して、気温3度~15度、強度高めと低めなど、いろいろな条件で走ってみました。

想像以上に暖かい

このサイクルアンダーシャツ「ジオラインM.W」、防風素材じゃない裏起毛やフリース素材の長袖ジャージを上に着るなら、強度高めのライドなら3~8度くらい、強度低めなら8~13度くらいがちょういいい感じ。

ちょっと肌の上に暖かい空気の層ができる感じで、暖かさが逃げないといった印象。

防風素材のジャージを上に羽織ると、気温5度前後でもちょっと暑すぎると感じるくらい。
想像以上に暖かいです。

速乾性もいい

速乾性は、こういった厚手のアンダーシャツの中ではかなり良い部類に入ると思います。

さすがに汗だくになるとなかなか乾かないですけど、そこまで保温力が落ちる感じがないので、
薄手のウインドブレーカーを羽織れば、休憩時の寒さにも対応できました。

まとめ

今回は、モンベルのロードバイク用のサイクルアンダーシャツ「ジオラインM.W」が冬のライドにちょうどイイ!というお話でした。

登山での汗冷えは、最悪命を落とすことになりかねないので、身につけるものの品質は非常に重要。
そんなシビアな目にさらされる登山用の衣服ですが、その中でもモンベルの商品は非常に評価が高いです。

ロードバイク用に作られたこのモンベルのアンダーシャツですが、登山で鍛えられた良品質な素材が、快適なライドにも存分に力を発揮していると思います。

このモンベルのサイクルアンダーシャツ。暖かくて、汗も乾きやすくて、すごくイイ。
冬場のチャリダーの必須アイテムになりそうな、そんな予感がするくらい使えるヤツでした。

モンベル | オンラインショップ
アウトドア総合ブランド・モンベルの公式オンラインショップ。登山・キャンプ用品を中心に、カヌー・カヤック、自転車、スノーシューなど、高機能・高性能なアウトドアウエア&ギアの通信販売を行っています。

コメント