dhb ブランドの Regulate Warm レッグウォーマーを買いました。

ウエア編
またwiggleで買っちゃいました

こんにちは、ロタケです。

 

パイオニアのペダリングモニターという高価な買い物をしてから1ヶ月がたち、そろそろ何か別のものが欲しくなってきた今日この頃。「買い物依存症なんじゃないかしら?」と思うけど、物欲は止まらない。

いつものように「wiggle」を物色していると、冬シーズンがあとひと月もすれば終わるからか、冬物ウエアが結構な割引をしています。これは来冬に向けて今のうちに購入しておくのが正解だろうということで、無理やり欲しいものを探してみます。そこで購入したのがdhb ブランドの Regulate Warm レッグウォーマーのMサイズ 定価3,000円のところを2,640円で。

ただwiggleって5,999円を超えないと送料がかかるので、さらに春用の明るい色目の半袖ジャージ、イタリアメーカー「LaClassicaのPro Team ジャージ  グアテマラ色?!」の Mサイズを定価18,040円のところ45%オフ!の9,775円で購入しました。そちらのインプレは次回に。

wiggleで「LaClassica」の半袖ジャージを買いました。
海外通販「wiggle」で春のライドに向けて、「LaClassic」ブランドの半袖ジャージを購入しました。「wiggle」で初めてお目にかかる「LaClassic」ですが、とにかくシンプルでおしゃれ。おしゃれなロードバイクウエアをお探しの方、おすすめです。

今日はまず「dhb ブランドの Regulate Warm レッグウォーマー」のインプレをしていきたいと思います。

dhb ブランドの Regulate Warm レッグウォーマー

 

スポンサーリンク

dhbブランド Regulate Warm レッグウォーマー

「ビブタイツ派?レッグウォーマー派?」

皆さんは、冬場はビブタイツ派ですか?それともレッグウォーマー派ですか?

私の場合は気温と運動強度でどちらにするかをおおよそ決めています。

気温が5度以下の場合と、強度の低いロングライドの場合は、防寒性の高いビブタイツを選ぶようにしていますが、逆に気温が5度より高くなる時と、運動強度が高い時はビブタイツを選ぶようにしています。

レッグウォーマーは、Velobiciというイギリスのブランドのものを愛用しているんですが、さすがに一つだけじゃ洗濯も大変で、できればもう一本欲しくなってきたので、前々から狙っていたんです。

 

「履きやすさ」

足首部分にファスナーがないので、かかとを通すのに苦労するかなと思いましたが、伸縮性のある素材なので、なんなく履くことが出来ました。

私はサイズ「M」を選んだのですが、サイズガイドでは上部開口部の幅が19.5cm、足首部分が10cmとありました。私の実測は上部開口部の幅が21cmで、足首部分が8cmでしたので、やはりシリコンテープの入った上部開口部は多少きつく感じます。

ただ足首部分がガバガバということはなかったので、上部開口部にサイズを合わせてLサイズでも良かったかなと思います。

 

「防寒性」

生地は薄すぎず、厚すぎずです。

気温8度の中を、強度はL2~L3程度の楽に走れるペースで走りに行きました。走り出しは多少寒さを感じましたが、5分もすると暖まってきました。

私はどちらかというと寒さには弱い方ですが、寒さに強い人なら関東の厳冬期をこれだけで乗り切れるではないでしょうか?

風は完全に遮断する感じではなく9割がたストップする感じでしょうか。なので熱がこもる感じにもなりません。ちょうど良い防寒性だと思います。

裏は少し起毛っぽくなっていて、暖かいです

「足の曲げやすさ・ペダリングのしやすさ」

ビブタイツに比べるとやはりツッパリ感が少ないので、ペダリングがしやすいです。

ただ、ちょうど膝の前と後ろに縫製箇所があります。良く伸びる素材なので、履き方を工夫すれば縫製箇所を膝周辺からずらすことができるのですが、「最初からその位置に縫製箇所を持ってこなければいいのに・・・」と思ってしまう位置です。ペダリングには問題ありませんが、ここは少し残念な箇所ですね。

ここが気になる

ふとももの一番上にズレ防止のシリコンがありますが、私はかぶれやすいので折り曲げて使用しています。そのシリコン部分に少し厚さがあるので、ペダリング時にサドルに擦れることがあります。私は気になりませんでしたが、気になる人はいると思います。

 

まとめ

寒さが凌げて、ビブタイツよりもお値段も格段に安く、ぺダリングもしやすいです。もうひと工夫欲しいところもあるのですが、このお値段を考えると「買い」な商品だと思いました。

コメント