寒い時期のロードバイクって、お腹が急に痛くなったりしません?私の腹痛対策をお教えします。

ロードバイク

こんにちは、ロタケです。

暑過ぎた夏が過ぎて、最高気温が20度を下回ってくると、ロードバイクに乗っていても本当に気持ちがいいですよね。

ただ早朝の気温が低い時とか、峠の下り道とか、汗が冷えてお腹が急に痛くなったりしません??
コンビニが近くにある時はいいですけど、遠出していてトイレがなかなか見つからない時なんて地獄の苦しみですよね。

楽しいライドも台無しにしてしまう「突然のお告げ」。私の対策法をお話しします。

スポンサーリンク

予防には腹巻。モンベルの「ジオライン L.W. ウエストウォーマー」です。

少し寒くなってくると私、「腹巻」を装着するようにしています。

「腹巻」というワードで想像されるのは、毛糸でできた腹巻だと思うのですが、それだと汗を吸って余計に冷えるので、私はモンベルの「ジオライン L.W. ウエストウォーマー」という腹巻を使っています。

モンベルの「ジオライン L.W. ウエストウォーマー」

 

モンベルの「ジオライン L.W. ウエストウォーマー」

モンベルの「ジオライン L.W. ウエストウォーマー」は、ジオラインと言う化繊を使っているので、濡れても体温ですぐ乾くのが特徴です。薄い生地で付けているのかが、外からわかりませんし、重量もたったの32gです。
以下がモンベルの商品説明。

一年を通して使用できる薄手のウエストウォーマーです。体に心地よくフィットし、ストレッチ性に優れるので、体の動きに追随し、ズレにくくなっています。二つ折りにして使用することも、広げてお尻まで覆うこともできる長めの丈に設定しています。

質感わかります?かなり薄い生地ですが、これでしっかり暖かいです。

 

使ってみた感想

ロードバイクに乗っていると、峠なんかで強度が上がるとどうしても汗だくになってしまいますよね。ただそんな汗に濡れた状態でも、しっかりと保温力を保ってくれる感じがあって重宝しています。
寒冷地仕様の少し厚手の「ジオライン EXP. ウエストウォーマー」という商品もあるのですが、この薄手の「ジオライン L.W. ウエストウォーマー」でも十分温かく感じると思います。

ウエストサイズに合わせてS・M・Lと3種類あります。サイズ表通りにMサイズを使っていますが、締め付けは緩いので苦しいなんてことはありません。アンダーバストから下腹部まで覆えるので、色々と覆う範囲を調整しながらも使えますよ。

値段はたったの、1,500円(税別)。1枚あれば重宝すると思います。

モンベル

それでも催したら「トメダイン 」

モンベルの腹巻を装着していると、基本お腹がギュルギュルすることはないのですが、それでも万が一にそなえて、「トメダイン」という服用薬を必ず財布の中に入れて、携帯しています。

トメダインです

コーワの「トメダイン」

このフィルムを財布の中に入れてます。

下痢止めの薬には、即効性のあるものや、反対にゆっくり穏やかに効くもの、水分吸収を抑えるものなどさまざまな種類があるみたいですが、この「トメダイン」は即効性のあるものになります。

錠剤の「トメダインコーワ錠」とフィルム状の「トメダインコーワフィルム」という商品がありますが、私が携帯しているのは、水なしで飲めるフィルム状のもの。
極薄のフィルム製剤なので、財布に入れていても全然邪魔になりませんし、数ある薬の中でも効果は一番だとの口コミが多いです。

まだこの薬のお世話になったことがないので感想は書けませんが、持っているだけでも気持ち的に楽になりますよ。

【指定第2類医薬品】トメダインコーワフィルム 6枚 ※セルフメディケーション税制対象商品
【指定第2類医薬品】トメダインコーワフィルム 6枚 ※セルフメディケーション税制対象商品が下痢止めストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

涼しい時期のライドって気持ちのいいもの。
ただ気温の低い早朝の時間帯や汗をかいた後の峠の下り道で、お腹が冷えて突然襲ってくる、あの嫌な痛み。何とか避けたいですよね。
私は、モンベルの「ジオライン L.W. ウエストウォーマー」という腹巻と、いざという時に服用するコーワの「トメダイン」で、2段構えの対策をとっています。

私はもともとお腹が冷えやすくて、通勤の時にも地獄を見ることが多いので、ライドの時だけじゃなく、日常でもお世話になっています。

お腹の冷えやすい方、お腹を下しやすい方、一度試してみてはいかがでしょう?

コメント