ロードバイクの股ズレ防止用のシャモアクリーム。どこに?どのくらい?塗るものなの?

ロードバイク
股ズレにはシャモアクリーム。どれだけ?どこに?塗るのが正解?

こんにちは、ロタケです。

ロードバイクをしていて、困るのが股ズレ。
せっかく調子よく走っているのに、股間が擦れて痛いとかなりツライです(>_<)

そこで活躍するのか股ズレ防止用の「シャモアクリーム」
ただ、この股ズレ防止用の「シャモアクリーム」、使い方が今一つよくわからないですよね。

「直接肌に塗ってもいいの?」

「どこに?どのくらい?塗るのが正解?」

私の「シャモアクリーム」の塗り方、教えちゃいます。

スポンサーリンク

シャモアクリームって

ビブショーツのパッドって、昔はセーム革が使われていたらしいです。
で、その革って、乾くとパリパリに固くなってしまう。

そこで脂分の多いクリームをセーム革に塗り込んで柔らかくして使っていたんだとか。

現在のシャモアクリームって、基本的にはパッドにクリームを塗る商品が多いのですが、このセーム革からの名残りのようです。

シャモアクリームの一般的な使い方

まわりのチャリダーに聞いてみたところ、

  • まったく塗らない派が1/3
  • 肌に塗る派が1/3
  • パッドに塗る派が1/3

ってところでした。
意外に塗らなくても問題ない人が多いみたいです。

どこに塗る?

メーカーの注意書きには、「直接肌に塗らずに、パッドに塗りましょう」って書いてあることが多いですが、どのみち肌にあたるので「直接肌に塗っても一緒だろ」って私は思ってます。

他の人に聞いても、塗り方に特に決まりはないみたいで、パッドに塗る人、肌に直接塗る人、パッドと肌の両方に塗る人と本当にまちまち。

塗る場所も、パッド全面にたっぷりと塗る人や、擦れやすいところにちょっとだけ塗る人など、かなり様々のよう。

私

自由に塗っちゃいましょう。

(ただし、肌荒れにはご注意!)

どのくらい塗る?

パッドに塗る派の人は、ピンポン玉1個分くらい。
肌に直接塗る派は、ピンポン玉の半分くらいって人が多いようです。

ピンポン玉

パッドに塗る派はピンポン玉1個分。肌に直接塗る派はピンポン玉半分ぐらいが目安です。

どうしてもパッドに塗る派の人の方が、塗る面積が増えるので、消費量は増えるようです。

土砂降りのライドでお尻からシャモアクリームがにじみ出ている人をたまに見かけるんですが、「そこまで塗らなくても・・・( ゚Д゚)」って内心思うんですけど。。。

まあ、塗り方に決まりはないみたいで、好きに塗っていいってことだと思います。

私は「シャモアクリーム」、こんな感じで塗ってます

ちなみに私は「肌に直接塗る」派です。
塗る場所もピンポイントで、消費量を極力抑えてます。
(単純に、もったいないオバケが出てくるんだけなんですけど・・・)

塗る量は

10円玉くらいを指でひとすくいするぐらい。
擦れる場所に、薄~く「膜」をつくる程度に塗ります。

塗る量

1回で使う量はだいたいこのぐらい。

塗るところは

サドルの形状や、ペダリングの仕方などで、人によって擦れるところは違うと思いますが、私の場合は、次の2ヶ所に塗るようにしています。

鼠径部

私の最重要ポイントは鼠径部(足とタマタマの間)。

ビブショーツがしっくりこないと、この部分が足の上下で擦れてきます。
少し多めに塗るようにしています。

鼠径部

この辺。。。鼠径部が重要ポイント!

お尻のとんがった部分「座骨」

サドルとお尻の接地点「座骨」付近にも少しだけ塗るようにしています。

ここの痛みは、どちらかというと擦れではなくて、圧迫による要因の方が大きいと思いますが、
それでもシャモアクリームを塗ると、お尻の痛みを少しだけ和らげてくれる感じがします。

サドルが当たる部分。座骨付近にも塗っておきましょう。

1~2時間のライドでは塗らないかな

ちなみに私の場合、1~2時間のライドでは塗らないことが多いです。

なので毎日の1時間程度のローラー練では、シャモアクリームは塗らないんですけど、塗らないと肌の調子次第で、たま~に痛くなる時も・・・。

私は、シャモアクリーム「Muc-Off」を愛用してます

シャモアクリームというと、「アソス(ASSOS)」や「モーガンブルー(Morgan Blue)」といったところが有名どころだとおもいますが、私は「Muc-Off」を愛用しています。

使い心地がちょうどいい

「Muc-Off」は歯磨きぐらいの固さで、体温ですぐにトロッとしてきます。そしてすぐにサラサラになって、肌の上に薄い保護膜ができる感じになります。

「モーガンブルー(Morgan Blue)」のソフトタイプは柔らかすぎるし、ソリッドタイプは硬すぎる。
「アソス(ASSOS)」は硬さ的にはちょうどいいんですけど、メントールが効きすぎな感じがします。

香りが良くて、肌荒れもしにくい

「Muc-Off」は、外国のものなので当然香料が入っています。
「香りが強烈でムリ!」みたいな口コミも見かけるんですけど、私は鈍感なのか、まったく気になりません。
(どっちかというとイイ匂いがして嬉しいかな。)

肌荒れもしにくいので、私は肌に直接塗って使ってます。

コスパもそこそこ

「アソス(ASSOS)」と「Muc-Off」ともに3000円を少し切る価格で売ってると思いますが、「アソス(ASSOS)」は140gで、この「Muc-Off」は250g

コスパ、品質ともにちょうどいいのは、「Muc-Off」だと思います。

Muc-Off Chamois Cream 250ml - NEW by Muc Off
Muc-Off Chamois Cream 250ml - NEW by Muc Offがバイザーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

シャモアクリームって、使い方とかあまり書かれていないので、どう使ったらいいか私も最初は謎でした。

ただ色々とリサーチしてみたところ、塗り方は人それぞれだということで落ち着きました。
それほど高価なものでもないので、塗る量や塗る場所な色々と試してみるといいと思います。

私は、シャモアクリームを塗るようになってから、股ズレはまったくしていません。
かなり効果はあると思うので、股ズレに悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

コメント