2019 ウインターサイクルマラソン in そでがうら 参戦記

レース編
2019年のウインターサイクルマラソンinそでがうら参戦記!風が。。。(;^_^A

こんにちは、ロタケです。

2019年の締めくくりのレースとして、「ウインターサイクルマラソン in そでがうら」に参戦してきました。

12月の2週目に行われるこの大会、私のような貧脚でも気軽に集団走行を味わえる貴重な大会なので、去年に引き続き参加してきました。

快晴のレース日和でしたが、風がそこそこあって、なかなかに厳しいレースになりました。

スポンサーリンク

ウインターサイクルマラソン in そでがうら

「ウインターサイクルマラソン in そでがうら」
12月の2週目に行われるので、1年の最後のレースに最適な大会。

レースの特徴としては、登りが短いので、ちょっと頑張れば集団に乗れちゃうってこと。
(富士チャレの富士スピードウェイだと、登り区間が長くて、そこで千切れちゃうんですよね~)

ツールドフランスのような前後左右に人がいる状態が、私みたいな貧脚でも簡単に体験できちゃう。
知らない人たちとローテーションを回すなんてことも、簡単にできちゃいますし、集団でコーナーに突っ込んでいくなんて貴重な経験も。

※どんなコースなの?場所は?その他、駐車場・トイレ事情など細かい情報は、前年のブログをご覧ください。

「ウインターサイクルマラソン in そでがうら」に参戦してきました。
12月16日(日)に千葉県袖ケ浦市にあるサーキットコース「袖ケ浦フォレストレースウェイ」で行われた、「ウインターサイクルマラソン in そでがうら」に参戦してきました。風のない絶好のレース日和。気分は完全にゲラント・トーマスです。

目標はこんな感じだったんですけど。。。

去年参加して、とても楽しかった「ウインターサイクルマラソン in そでがうら」。

今年の目標は「前年のタイムを上回るのこと」と、当然ですが「落車することなく、無事にレースを終えること」の二つ。

前年のタイムを上回る!

前年のタイムを上回るための具体的な作戦は、「実力より少し上の集団に乗っかる」ことと、「コーナーを上手にさばく」ことの2つ。

あとは風が吹かないことを祈るだけ。

実力より少し上の集団に乗っかる

去年は自分の足にちょうど合う集団が探せなくて、少し余裕を残してフィニッシュしたんですよね。
今年は、少しキツイ集団に飛び乗って、「100キロを耐えきる!」「100キロ走り終わったら、体力ゼロ!」が理想。

速い集団に乗っかるのって、「最後まで持つんだろうか???(-_-;)」って不安になるので、飛び乗るのを躊躇しがち。

今年は、勇気を出して飛び乗るべく、気合を入れてレースにのぞみます。

コーナーを上手にさばく

去年のレースは最後まで急なコーナーが怖くて、コーナーのたびに集団から遅れてました。
去年は余裕をもって走れる集団だったので、それが致命傷にならなかったですけど、今年はそれだとマズイ。

力まず、スムーズに&思い切りよく、曲がるべし!

落車することなく、無事にレースを終える

ロードバイクの集団走行には、どうしても「もらい事故」がつきもの。

それでも、「集団内での位置取り」だったり、「危険人物を事前にマークする」ことで、落車のリスクは減らせるはず。

また自分の変な挙動で、他の人を巻き込むのもダメ。
急ハンドル、急ブレーキなどの「急」がつく行動をしない。走行ラインをキープするべし!

表彰台

「表彰台の頂点に立つのは誰??」って思いながら写真を撮ってましたけど、結果はチームメイトでした(;^_^A

レースの模様はこんな感じ。。。

それでは当日の様子を順に振り返ってみたいと思います。

会場到着は8時15分までに

横浜の自宅を6時に出発。

6時45分のアクアラインはすでに渋滞していたが、無事に7時30分にサーキット内の駐車場に到着。
(ちなみにサーキット内の駐車場は8時15分くらいで満杯に。)

受付とトイレをすませて、車の中でしばし仮眠。

サーキットではちびっこのレースがすでに始まってます。

ちびっこレース

ちびっ子なんですけど、かなり速いです!

試走が意外にしんどい。。

着替えをすませ、自転車をセットして、チームメイトの集まるパドックへ。
どうやら仮眠を取り過ぎたようで、最終到着のよう。

さっそく試走に向かいますが、ホームストレートと第4コーナーのヘアピンからの登り区間が、最悪なことに向かい風
しかもかなり強めに吹いてます。

単独で走るのには少々しんどいシチュエーションなので、2周で試走を終了。
本番に体力を温存します。

コース

北風だと、「ホームストレート」と「ヘアピン後の登り」がちょうど向かい風なんですよね。。。

挨拶が長すぎて、レースがスタートしない!?

私の参加するセンチュリーマラソン(100㎞)は10時ちょうどのスタート。

参加者は昨年よりも少ないのか、スタートラインにつく人の列が短い。
(しかも去年同様出遅れて、かなり後方からのスタートだし。。。)

10時のスタートに向けて、大会の注意事項がアナウンスされています。
これがべらんめえ調で、かなり面白い。(マトリックスの安原監督だったのかな?)

俺様店長

「遅い人は右側、速い奴は左側通行やで!」
「安全に楽しく走るための大会。絶対に怪我なく、終わるんやで!」

このあたりまでは良かったんですけど、説明しているうちに徐々に熱がこもってきて、

俺様店長

「何度言っても、右から抜いていく速いバカがいる!」
「速い奴は、ゆっくり楽しく走ってる人のコースを絶対に横切るな!!罰金取るで!!」

さらには、

俺様店長

「時速40㎞/h以上で走るような奴は、仕事もしないで、いっつも走り回ってる自転車バカじゃ!もっとゆっくり走れ!」

と徐々にエスカレート。
すでにスタート時間の10時を過ぎてます。(-_-;)

おもしろいけど、体が冷えていく。。。

結局、3分遅れでレーススタートです。

レーススタート:いい列車に乗り遅れたか・・・

1周目は、大集団での走りにビビり、なかなか順位を上げ切れません。
2周目に入って前を追いますが、すでに何か所も中切れを起こしていて、速い集団はとっくの昔に走り去ってます。

私

「完全に乗り遅れてるやん(-_-;)」

(速い人って、いいポジションにつけるのが本当にうまいです。ササっと前に行っちゃう。なかなかマネできないです。。。)

 

それでも何とか足の合いそうな人を探して、必死に前を追う。
ただ、なかなかいい集団に巡り合わない。

30キロ地点までは、いろんな人とトレインを組みつつ、なんとなくローテを回しつつ走りましたが、この序盤でかなり足を使ってしまった感じ。

(早々にあきらめて、速い集団が1周してくるのを待った方が良かったのかしら??)

レース序盤:マトリックスの選手についていくも・・・

30キロ付近からはマトリックスの選手が前を引いてくれて、少しペースが落ち着いた感じ。

ただ序盤の無理がたたって、ついていくのがやっと。
しかも、マトリックスの選手のペースが微妙に上下する。

私

(うしろ千切れてるし・・・。集団をふるいにかけてどうする・・・。ぜんぜん休めないんですけど。(-_-;))

レース中盤:速いチームメイトのいる集団に飛び乗るも・・・

50キロ付近から、別の集団に合流。
チームメンバーの3人(私より格段にレベルが高い)が、先頭を引っ張ってます。

マトリックスの選手がお役御免とばかりに集団を離れていくので、
ついていけるかかなり不安だけど、仕方なく後ろにご一緒させていただきます。

案の定、ペースが速い。

私

「このペースで本当に最後まで持つんだろうか・・・(-_-;)」

レース終盤:ヤバイ!落車か?!

60キロ地点を通過。
そろそろ集中力が切れてくるころなのか、ところどころで落車が発生。
メインストレート入り口には、救急車も出動しています。

気を引き締めて走らないとと思った第1コーナーのあとの登りで、
集団の1台がボトルを落としそうになって、派手に斜行!!

「オイ!」「うォー!」「危ない!!」

罵声が飛び交う中、私の目の前を斜めに横切るゼッケン3番。

奇跡的に誰も接触せずに、すり抜けられたから良かったものの、

私

「ゼッケンナンバー3番、何しとんねん!」

ゴール:ヘロヘロでゴール。出し切りましたが・・・

90キロを超え、ゴールが近づくにつれて、集団から千切れていく人が。。。
あとでラップを確認したら、ゴールに向けて徐々に集団のペースが上がってました。

私も前半飛ばし過ぎたのと、背中のジェルを上手く取れなくて(だって怖いんだもん)、少しだけハンガーノック気味で、

「千切れたら、楽になれるよ♡」

って悪魔の声がどこからか聞こえてきます。

私

「あと4周なのに、ここで千切れてどうする!」

と気合を入れなおし、
集団最後尾で必死で踏ん張って、なんとか千切れずに最終周回へ。

ただ、ラストスパートする余力もなく、集団最後尾のまま、ヘロヘロでゴール!!

たぶんこれで終わったはずなんだけど、保険のためにさらにもう1周。
この保険の1周がマジでつらかった。

記録は

ゴールして記録を見ると、3時間は無事にきれたんだけど、去年より4分ほど遅いタイム
ただ間違いなく去年より出し切れたので、充足感は抜群!かなり楽しかったかも♡

(去年より遅かったのは、風があったからということにしておこう・・・)

前年の記録を超えるという目標は達成できなかったんですけど、「実力より少し上の集団に乗っかる」「コーナーを上手くさばく」は出来た感じ。

もう一つの目標「落車することなく、無事にレースを終える」も達成できたので、イイ年末年始を迎えられそうです。

速い人たち

こんな集団で走れる機会ってあんまりないですよね。

表彰式:わがチームメイト、おそるべし!!

レースを終えて、パドックに戻るとすぐにチームメンバーの表彰式へ。

次々と表彰台に立つ我がチームメンバー。
誇らしい気持ちの一方で、ここでふと、朝のスタート前の「熱~い」注意説明が、頭によみがえります。

俺様店長

「時速40㎞/h以上で走るような奴は、仕事もしないで、走り回ってる自転車バカじゃ!もっとゆっくり走れ!」

そんな「自転車バカ」たちの頂点に立つんだから、この人たち、絶対にまともに仕事してるわけがない。。。
そう確信した瞬間でした。

筋金入りの「自転車バカ」で、愛すべきチームメンバーの皆さん、この度は本当におめでとうございました。

まとめ

1年を締めくくるタイミングで行われる「ウインターサイクルマラソン in そでがうら」に、2019年も参戦してきましたというお話でした。

個人的には、目標にしていた昨年のタイムを上回ることはできませんでしたが、
の全力を完全に出し切れたので、とても充実した1日になりました。

関係者の皆さん、前を引いてくれたマトリックスや明治大学の皆さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。

コメント