ロードバイク、コーナリングのテクニックを再確認。でも最後は度胸?!

レース編
コーナーが怖い。どうすれば速く走れるの?

こんにちは、ロタケです。

このあいだの「ウインターサイクルマラソン in そでがうら」に出場して、自分のコーナーの遅さを身を持って体感した私。

そこで、どうすればコーナーが速くなるのか。色々と調べてみました。

ただ結局のところ、知識としては全部知っていることでした。(知っているだけで、できてはいないんですけど・・・( ̄Д ̄;;

私の「コーナリングが速くなるかも」という期待はあっさりと消え去りましたが、とりあえず頭の整理のために、記事にしておこうと思います。

スポンサーリンク

コーナーを速く走るには

私、昔は2サイクルのぶっ飛びオートバイに乗っていたので、若い頃から峠とかよく走っていたんですよね。
だからコーナリングって勝手に得意だと思っていたんですよ。

で、先日「ウインターサイクルマラソン in そでがうら」というサーキットコースをぐるぐる周回するレースに出たんです。

そしたら全然私、コーナー遅いんです。本当にびっくりするくらい遅くて、急なコーナーで10mくらい皆さんに置いて行かれるんです。
(遅すぎて、かなり邪魔な存在だったかも・・・(^_^;))

(「バリバリ伝説」を熟読していたのに、自分の遅さが情けない・・・  「カメッ!!」

そこで、もう一度最初からやり直そうと、どうすればコーナーを速く走れるのか、色々と調べてみました。

1.ブレーキはコーナーに入る前に済ませておく

コーナー途中でのブレーキングは車体が不安定になるので、コーナー手前でしっかりと減速しておく。制動力の高い、前ブレーキをメインに減速。前輪荷重になり過ぎて後輪が浮かないように、少し後ろにお尻位置をずらしておくのがポイントです。

2.リーンウイズで、荷重は前5:後5

基本は車体の傾きとカラダの傾きが同じリーンウイズで走ります。前輪・後輪への荷重は5:5。
前4:後6と書かれたサイトもあるのですが、荷重が少ない方からグリップ力が落ちるので、前輪から滑り始めてしまいます。後輪のスリップは耐えられますが、前輪のスリップは即転倒につながります。
やはり前後のタイヤに同じ負荷がかかる、前5:後5が基本になります。

3.上半身はリラックス

腕に力が入っていると、荷重を前5:後5にできませんし、バイクの挙動も安定しません。手はハンドルに添えるだけ。上半身はリラックスが基本です。

4.外側のペダルに荷重を

「やじろべえ」と同じで、重心位置を低く保つと車体が安定します。ペダルへの荷重を増やすことで重心位置を低くします。特にカーブ外側のペダルに荷重することで、遠心力を抑え込む形で荷重ができます。また内側のペダルが地面に接触しないようにするためにも、外側の足を伸ばしてペダルへの荷重を増やしましょう。

5.頭は地面に対して垂直

車体が傾くのに合わせて顔も傾くと、自分がどれだけ傾いているのかが判断できません。車体は傾いても、頭は傾けない。頭は地面に対して常に垂直に保ちましょう。

6.目線はコーナーの出口

ライダー

こんな感じ(バイクしかいい絵がなかった・・・)

ロードバイクは目線の方向に進みます。危ないと思ってマンホールを見たら、マンホールの方へ行ってしまいます。ついつい危ないところを見たくなりますが、コーナーの出口、走りたいラインを目で追いましょう。

7.あとは度胸

走る上でのポイントは上の通りで、このポイントを素早く行えれば速く走れます。

コーナーと路面をよく観察して、ギュッとブレーキを掛けて、スパッと車体を倒す。転倒の恐怖と闘いながら、この判断・動作を如何に早く、正確に行うかが肝。

スクールの先生曰く、
 「そこまでポイントが理解できてるなら、あとは慣れるしかないですね。」
 「昔、オートバイに乗っていた人とかは、やはり走りなれてるので、速い人が多いですよね。」
とのお言葉。

(私、昔オートバイに乗ってたんですけど・・・(^_^;))
とは言いだせず、ショップを後にする私・・・。

「度胸を決めて、思い切り良く行く!」
結局はそこなんですけど、その度胸が私にはないんですよね・・・。
(だって、こけたら痛いし・・・。)

まとめ

色々と調べてみましたけど、目新しい発見はなく、結局私には度胸が足りないという結論になりました。

本当はマウンテンバイクとかで、コケながらカラダで覚えるのがいいんでしょうけど、なかなかそこまで出来ないですよね。

颯爽とコーナーを駆け抜ける人の邪魔にならないように気を付けながら、これからも私はゆっくりとコーナーを走りつづけます。

コメント